何の問題もなくWワークをする為に必要な事

会社にWワークがばれてしまう理由は何?

あなたがWワークをしている事が会社にばれるきっかけは2つあります。

1つ目は密告
本業以外で働いてる事を同僚から密告される場合です。
だから、基本的にはWワークの内容は他言無用と言えます。
意外と本人が飲み会の席でぶっちゃけ話をしてしまい、後日上司に呼ばれるというケースが一番多いようですが・・・

2つ目は住民税の源泉徴収額
会社員であれば、源泉徴収で税金を給与から天引きされます。
所得税分は本業であれWワークであれ、お給料をもらう時には既に源泉徴収されているから問題なし。
問題は住民税です。

住民税は前年度の本人の所得に対して、税金を納めなくてはなりません。
そして税務署はとりやすいところから税金を徴収するので、本業の会社にあなたの住民税を一括で源泉徴収するように依頼をかけます。
そうなると、住民税の源泉徴収額部分に「給与所得」と「給与所得以外」の2つの項目が出来てしまいます。

大抵の会社は社員の住民税など気にせずスルーするのですが・・・
几帳面で暇な経理職員が「給与所得以外」って何だろう?といぶかしく思い、その内容を直属の上司に報告されて、Wワークをしている事が発覚するというケースが稀にあります。

会社にばれない為の対策は?

会社にWワークが絶対にばれないようにする為には、住民税の支払い方法を自分でコントロールする事です。
その為に必要な事は、確定申告。
確定申告の時にWワークの収入に対する住民税を「普通徴収(源泉徴収でなく自分で支払う事)」にしておけばもう安心です。

いままで確定申告をした経験がない人にとっては少々難儀かもしれませんが、確定申告作業自体は八百屋のオヤジも花屋のオバチャンもやっているように誰でも簡単に出来るモノです。
それほど時間もかからず、すぐに出来るので必ずやっておきましょう。

基本的には確定申告作業は、近所の税務署に行き収入状況を記載した紙を提出するだけ。
何もわからない状態で税務署に行っても、税務相談コーナーで詳しく教えてもらえます。
そして下記の2つを相談すれば十分です。

「2箇所から給与所得を得ているので、確定申告する方法を教えてください。」

「Wワーク分の所得に対する住民税は、普通徴収で支払いたいのですがどうすれば良いですか?」

このように手を打っておけば、会社には絶対にばれません。

一応、確定申告に関する手引きが掲載されているURLを記載しておくので参考にしてください。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/index.htm

ページの先頭へ戻る